涙液を⽤いた新しい乳がん検出技術 TearExo®の開発

プレスリリース:「涙液を⽤いた新しい乳がん検出技術 TearExo®の開発」

 

神⼾⼤学⼤学院⼯学研究科 ⽵内俊⽂教授、医学部附属病院 ⾕野裕⼀特命教授、佐々⽊良平教授、システム・インスルツメンツ㈱ 濱⽥和幸⽒らの研究グループは、涙液中の細胞外⼩胞エクソソーム※1をバイオマーカーとした新しい乳がん検出技術: TearExo®の開発を⾏いました。

今後、がんの早期発⾒など国⺠の健康に⼤きく貢献することが期待されます。

本研究は、神⼾⼤学未来医⼯学研究開発センター(センター⻑: 向井敏司教授)の教員が中⼼になり⾏い、研究成果は、2020年3⽉10⽇にアメリカ化学会国際誌Journal of the American Chemical Society電⼦版に掲載され、その研究イメージは表紙に採択されました。